人間国宝 濱田庄司 『掛分紋打角盛皿』 共箱 民藝

人間国宝 濱田庄司 『掛分紋打角盛皿』 共箱 益子焼 民藝
この作品について問い合わせる

作品詳細

商品名 濱田庄司 『掛分紋打角盛皿』
商品説明

民藝運動の先駆者であり、益子民陶を芸術の域に高め
世界に名を轟かせた人間国宝 濱田庄司の作品です。

大ぶりで堂々とした角盛皿に白と黒の釉薬を大胆に掛け分け、皿の周りには
特殊な形状の道具を表面に押し当てて文様を生み出す“打紋”を施しています。
自由な発想による、民藝陶器ならではの芸術性を帯びた秀作です。

百貨店図録掲載作品です。

寸法 高 7.0cm × 幅 29.8cm × 奥 29.0cm
付属品 共箱 / 二重箱 / 図録コピー
状態 仕上がりもよく、良好な状態です。
写真をよくご覧の上、ご検討ください。
僅かな経年感は中古品の特性としてご了承下さい
略歴

【濱田庄司 略歴】

1894年~1978年 83歳逝去 神奈川生
1930年 栃木県益子町で作陶を開始
1955年 第1回重要無形文化財「民芸陶器」保持者認定
1961年 第二代日本民藝館館長就任
1968年 文化勲章受章
1977年 自ら蒐集した日本国内外の民藝品を
    展示する益子参考館を開館

この作品について問い合わせる