岡部嶺男

岡部嶺男
Mineo Okabe

加藤唐九郎の長男。父の技法を受け継ぐと共に現代性溢れる美濃陶芸を展開、
その天才的技巧で日本有数の陶芸家として名を馳せた。
日展北斗賞、日本工芸会奨励賞、プラハ国際陶芸展グランプリなどを受賞。
35年「永仁の壺」事件では、壺は自作と告白して話題となった。

岡部嶺男 略歴

1919年 愛知県瀬戸市にて生まれる。
1937年 瀬戸窯業学校卒業。
1949年 愛知県西加茂郡猿投町平戸橋で独立
製陶を始める。
1950年 日展初出品。
1954年 青織部縄文壺にて日展北斗賞受賞。
1955年 第1回日本陶磁協会賞受賞するが辞退。
1957年 日本工芸会会員となる。
1960年 日本工芸会脱会。
1965年 粉青瓷砧の焼成に成功する。
紺綬褒章受章。
1967年 粉青瓷二重貫入完成。
1969年 新宮殿正殿梅の間に粉青瓷大砧一対を納める。
1970年 窯変米色瓷完成。
1978年 加藤から岡部へ改姓。
1990年 9月4日 没

No posts.