河井寛次郎
Kanjiro Kawai

大正末期より柳宗悦・浜田庄司らと共に民芸運動を興し、中心メンバーとして活躍。
「用の美」を追求した重厚・素朴な作風で、近代陶芸の新境地を開いた。
無名の陶工にこだわり続け、「人間国宝」「文化勲章」などの栄誉を固辞した。

【河井寛次郎 略歴】
1890年~1966年 76歳逝去 島根生
1920年 五代清水六兵衛より京都五条坂の窯を譲り受け
「鐘渓窯」と名づけ作品制作を開始。
1926年 柳宗悦、濱田庄司と共に日本民芸美術館
設立趣意書を発表。民藝運動に深く関わる。
1937年 パリ万国博覧会でグランプリ受賞。
1955年 文化勲章辞退。
1957年 ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリ受賞。