北大路魯山人 『備前マルヌキ四方鉢』 共箱 銘有

北大路魯山人 『備前マルヌキ四方鉢』 共箱 銘有

この作品について問い合わせる
商品名 北大路魯山人 『備前マルヌキ四方鉢』
商品説明

不世出の芸術家と謳われ、陶芸や書、絵画などで
才能を開花させ、同時に美食家としても知られる
北大路魯山人の作品です。

ぽっかりと浮かぶ牡丹餅(作品の上に丸めた土や
小さい作品を置いてできた焼きむら)が印象的な
四方平鉢です。
あざやかな緋襷や、掻き落しの草文と相俟って、
揺れる葦や薄の向こうに浮かぶ満月といった風情が
見事に備前の土味に表現されています。

『使いやすく料理が映える』という器の本分を満たし、
同時に見事な美しさも呈しており、 料理にも通暁した
魯山人にこそ作り得る逸品といえます。

共箱は、魯山人が晩年期に用いた、京都の指物師
前田友斎の手によるものです。

寸法 高 5.8cm × 幅 29.0cm × 奥 28.5cm
付属品 共箱(前田友斎箱)
状態 仕上がりもよく、良好な状態です。
その他、経年による変色、僅かな擦れや、汚れ等はご了承くださいませ。
略歴

北大路 魯山人

1883年~1959年 76歳逝去 京都生
1889年 木版師 福田武造の養子となる。
1903年 書家を志して上京する。
1904年 日本美術展覧会にて隷書「千字文」で賞を受賞。
1905年 書家 岡本可亭に師事、住込みの弟子となる。
1925年 「星岡茶寮」を開設し、顧問兼料理長となる。
1926年 北鎌倉に築窯する。
1936年 アメリカ、ヨーロッパ各地を歴訪。
ニューヨーク近代美術館にて「魯山人展」開催。
1955年 重要無形文化財保持者の認定を固辞する。

この作品について問い合わせる