ルーシー・リー Lucie Rie 『鉢』 サイン有


この作品について問い合わせる

ルーシー・リー 『鉢』 作品詳細

 

商品名 ルーシー・リー Lucie Rie 『鉢』 サイン有
商品説明

透明感のある白、鉛色、水色が絶妙なバランスで
ろくろ挽きされた、人気の高いスパイラル文の鉢です。
華奢な中にも力強さがあり、静謐な美しさを具えた逸品です。

ルーシー・リーは20世紀後期ウィーン出身の陶芸家です。
戦時中、ボタン作りで生計を立て、
戦後本格的に陶芸をはじめたルーシーは、
民藝の巨匠 濱田庄司やデザイナー三宅一生とも親交をもち、
繊細なフォルムと色彩豊かな作品を数多く制作しました。
作品は手に取ったときの感触まで考え抜かれてるといい、
本作も大ぶりで重厚感のある見た目から想像できない程、
軽やかな持ち重みとなっています。
1960年代後半に製作されたものと思われます。

寸法 高 11.5cm × 径 25.0cm
付属品 桐箱
状態 仕上がりもよく良好な状態です。
僅かな経年感は中古品の特性としてご了承下さい。
写真をよくご覧の上、ご検討くださいませ。
略歴

【ルーシー・リー Lucie Rie 略歴】

1902年 ウィーンに生まれる。
1922-1926年 ウィーン工業美術学校でミヒャエル・ポヴォルニーに陶芸を学ぶ。
1937年 パリ万国博覧会で銀メダルを獲る。
1946年 ハンス・コパーが工房に参加。
1951年 ロンドンのバークレー・ギャラリーでハンス・コパーと共同展。
1960年 キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで教鞭を執る。
1964年 東京の国際陶芸展に参加。
1969年 ロンドンの王立芸術学院より名誉博士号を授与される。
1972年 ハンブルク美術工芸博物館(de)で『Lucie Rie – Hans Coper Keramik』展。
1981年 CBEを受勲。
1989年 草月会館と大阪市立東洋陶磁美術館で個展。
1990年 脳梗塞で倒れ、以降、陶芸を続けることが不可能となる。
1991年 大英帝国二等勲爵士の称号を贈られる。
1994年 メトロポリタン美術館でハンス・コパーとの共同展。
1995年 脳梗塞により、ロンドンにて93歳で他界。

この作品について問い合わせる