河井寛次郎 『花手扁壷』 晩年作 共箱

河井寛次郎 『花手扁壷』 晩年作 共箱


河井寛次郎 『花手扁壷』 作品詳細

商品名 河井寛次郎 『花手扁壷』 晩年作 共箱
商品説明

日本を代表する陶芸家、巨匠 河井寛次郎の作品です。
無名の陶工にこだわり続け、「人間国宝」「文化勲章」
などの栄誉を固辞しました。

大正末期より民藝運動の中心メンバーとしても
活躍する河井寛次郎は、人気を博した中国古陶磁の
スタイルを捨て、「用の美」を意識した暮らしの中に
溶け込む品々を生み出します。

本作は河井寛次郎の晩年の作品で、筒描の技法を用いて
代表的な花手といわれる花を摘まんだ
手のモチーフが施され、立体的な
文様は力強く躍動感を感じられます。
大胆で特徴的なフォルムから生まれる景色が見事な、
寛次郎の世界観が表現された大変素晴しいお品です。

寸法 高 28.2cm × 幅 17.6cm × 奥 13.4cm
付属品 共箱
状態 仕上がりもよく、良好な状態です。
その他、経年による変色、僅かな擦れや、汚れ等はご了承くださいませ。
略歴

【河井寛次郎 略歴】

1890年 島根県安来に生まれる
1910年 東京高等工業学校窯業科入学。板谷波山に師事。
1914年 東京高等工業学校窯業科卒業。京都市立陶磁器試験所入所。
1916年 同試験所に浜田庄司が入所。
    浜田と共に釉薬の研究、中国陶磁など過去の陶磁の模倣や研究を行う。
1917年 京都市立陶磁器試験所を辞め、五代清水六兵衛の顧問となる。

1920年 五代清水六兵衛より京都五条坂の窯を譲り受け
    「鐘渓窯」と名づけ作品制作を開始。宮大工の娘つねと結婚。
1926年 柳宗悦、濱田庄司と共に日本民芸美術館
    設立趣意書を発表。民藝運動に深く関わる。
1927年 柳宗悦、富本憲吉、浜田庄司、バーナード・リーチ、黒田辰秋と「上賀茂民芸協団」創立。
1936年 東京駒場に「日本民芸館」開館。
1937年 パリ万国博覧会でグランプリ受賞。
1955年 文化勲章辞退。
1957年 ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリ受賞。
1966年 76歳逝去

この作品について問い合わせる