人間国宝 十四代酒井田柿右衛門 濁手三方割山つつじ文香炉

人間国宝 十四代酒井田柿右衛門 『濁手三方割山つつじ文香炉』

[/su_spoiler]

十四代酒井田柿右衛門 『濁手三方割山つつじ文香炉』作品詳細

商品名 人間国宝 十四代酒井田柿右衛門 『濁手三方割山つつじ文香炉』
商品説明

伝統の柿右衛門様式を今に受け継ぎ、その伝統に
現代性溢れる造形美や独自のセンス高き色絵付けを
融合させ、世界的な色絵磁器陶芸家として名を馳せた
十四代酒井田柿右衛門の作品です。

胴の三方に青く縁どった花頭窓を設け、各窓に草花の
絵付けを施す三方割表現が用いられています。
気品に満ちた乳白色の肌に、三方にわたり山つつじの
文様が優美に映えています。
制作に手間暇を要し発表数も少ない濁手三方割の香炉、
素晴らしい出来映えの逸品です。

寸法 高 11.8cm × 径 11.0cm
付属品 共箱 / 共布 / 栞
状態 仕上がりもよく、良好な状態です。
   写真をよくご覧の上、ご検討くださいませ。
   僅かな経年感は中古品の特性としてご了承下さい。
略歴

十四代 酒井田 柿右衛門
1934年~2013年 佐賀県有田町生(78歳逝去)
1958年 多摩美術大学日本画科卒業
1982年 14代柿右衛門を襲名
重要無形文化財保持団体(総合指定)代表に就任
1984年 58年度日本陶磁協会賞受賞
1986年第33回日本伝統工芸展にて「日本工芸会奨励賞」受賞
1992年 第39回日本伝統工芸展にて「日本工芸会奨励賞」受賞
1998年 外務大臣表彰(永年にわたる国際文化交流の功績による)
1999年 文部大臣表彰(濁手の伝統的技法伝承に努め地域文化発展に貢献)
2001年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
2005年旭日中綬章受

この作品について問い合わせる