バーナード・リーチ 『染付紋章草文注瓶』 共箱

バーナード・リーチ 『染付紋章草文注瓶』 共箱


この作品について問い合わせる
商品名 バーナード・リーチ 『染付紋章草文注瓶』 共箱
商品説明

柳宗悦や浜田庄司、河井寛次郎らと親交を重ね、
民藝運動に参加して「用の美」を追求した偉大な
陶芸家バーナード・リーチの作品です。

バーナードリーチは、陶磁器を芸術、哲学、デザイン、
工芸、そして偉大な生活様式の融合として捉えました。

本作は、リーチが20代後半頃に作られたものと思われる
染付紋章草紋注瓶です。
白い土に呉須の青でイギリス風の絵付けが施されており、
東西文化の融合を目指していたリーチの旺盛な探求心
が感じられる大変貴重な逸品です。

寸法 高 26.5cm × 幅 23.0cm × 奥 17.6cm
付属品 共箱 / 図録コピー
状態 仕上がりもよく、良好な状態です。
その他、経年による変色、僅かな擦れや、汚れ等はご了承くださいませ。
略歴

バーナードリーチ

1887年 香港に生まれる。
1907年 ロンドン美術学校入学。高村光太郎と知遇を得る。
1909年 再来日。上野で画塾を開く。
    入門してきた柳宗悦と出会い親交を深める。
1910年 富本憲吉と出会う。
1911年 六代尾形乾山に師事、陶器制作を始める。
1917年 柳宗悦宅に窯を作り作品制作。濱田庄司と出会う。
1920年 濱田庄司を伴って帰英。
1922年 イギリス南部セントアイブスで制作開始。
1934年 再来日。その後、頻繁に来日し日本各地で作陶する。

この作品について問い合わせる